Welcome to my homepage

早期英語教育のメリットB

純粋に楽しめる

早期英語教育のメリットは英語を「やらなければならない勉強」として構えることなく、純粋に楽しめる!ことです。

英語の勉強というと、ペンとノートと辞書を用意して…真面目に机に向かって…と

構えてしまいがちですが、それはおかあさんが苦労しながら学習してきたからの

イメージだと思います。難しい語学として捉えてしまっていましたよネ。

おまけに、中学校から英語を勉強してきたのに話せない…これも現実です。

何故だろう?!??!

原因は、テスト中心の暗記型の勉強だったからだと思うのです。

勉強をしなくてはいけないという脅迫観念の中で、嫌々ながら勉強していたって英語を身につけることの意義や楽しさなんて、わかりませんよね。

本来は、心を伝えるためのコミュニケーションツールなのに…相手を理解することが

目的のはずなのに、その意義もわからずに「なんのためにこんなことやっているんだろう…」なんて思いながら勉強していることが、身に付くはずがありません。

でも、子供はどうでしょう?!

赤ちゃんが言葉を覚えるときのプロセスを、思い出してみて下さい。

赤ちゃんは、おかあさんが話す言葉を聞いて、真似して、自分のものにしていきます。

自分の意思を伝えるために、言葉を発します。

「相手を理解する」「自分の意思を伝える」ためのツールが言葉であり、

言葉の必要性は、本能として知っていることなのです。

日本語も英語も同じです。

そして、子供は楽しいことが大好きですから「楽しい」と感じることは自分から進んで覚えます。

英語も同じです。

英語の歌をうたったり、歌に合わせて踊ったり、英語でゲームをしたりという楽しみの中で、経験を通して、自然に英語を身につけていくことができるのです。

英語が楽しいと感じれば、子供は英語を好きになります。

好きになれば、もっと知りたい、もっと話したい!と思うでしょう。

もっともっと学びたい!

そんな知的好奇心を育ててあげるために

まずは、大好きなおかあさんといっしょに「英語を楽しみましょう!」

▲pagetop