Welcome to my homepage

早期英語教育のメリットA

聞くことから始めましょう

まずは、日本語と英語は周波数のまったく違う言語だということを知っておいて下さい。

日本語、英語にかかわらず言葉を身につけるには、まず耳で聞く必要があります。

そして、この耳に異常がなければ言葉は驚くほど急速に発達します。

子供は生まれつき、あらゆる言語の音を聞き分け:発音する力を持っているのですが、この聞き分ける力は育つ環境によって変化していきます。つまり、日常使われる言葉の音に耳を合わせていくのです。

よく「日本人はRとLを区別できない」と言われますが(…実際、私もわかりません)

8〜10ヶ月の子供なら、この二つの違いを聞き分けることができるのです。

それが、その後、そうした音を耳にしていかないと違いがわからなくなってしまいます。

子供の時に英語の音やリズムに触れることは、英語を正しく聞き分ける耳と発音する力、英語のリズム感を育てるのに大変重要です。

この能力のピークは2〜6歳ころとされており、9歳10歳を過ぎるころから徐々に失われていきます。言語学者たちはこれを「 9歳のかべ 」と呼んでいるそうです。

つまり9歳以前に英語の音に触れておくとネイティブと同じきれいな発音、アクセントで話せるようになるということです。

もちろん能力には個人差があることですし、14歳頃までは大丈夫という説もあります。

発音のリズムやイントネーションなどは一度身につけると忘れることはありません。(一時的に忘れても刺激を与えると記憶がよみがえります。)

子供のときに脳に刻まれた英語の音は一生の財産となります。

「正しい発音」「正しいリズム」をたくさん聞かせてあげて下さい!!

ここでも重要なのは、おかあさんの「工夫とフォロー」です。

ただ音声を流すだけでは、ただの雑音になってしまいかねませんからね。

▲pagetop